POSレジ

外国客にも対応した飲食POSレジ!導入すると得られるメリットは?

食材配分の最適化でコストダウンを可能にしてくれる飲食POSレジ

レジの中のお金

同じメニューを扱う飲食店をいくつか経営している場合、仕入れた食材をどの店舗にどのような割合で配分するのがベストかというのは、なかなか難しい課題です。あまり売れないメニューで使う食材をある店舗に大量に配分すれば、注文が入らず、在庫のまま賞味期限切れで廃棄ということにもなりかねません。このようなムダは、コスト管理の観点からは可能な限り避けたいところでしょう。
この課題にソリューションを提供してくれるのが、飲食POSレジです。レジと言えば会計用の少しハイスペックな計算機といった認識の人がまだまだ多いですが、飲食POSレジは、計算機をはるかに超える情報の収集・管理機能を備えています。飲食POSレジを導入することで、会計の際、注文されたメニュー、顧客の店舗利用時間帯等、そのお店の営業状態を細かく把握できるデータをリアルタイムで収集・蓄積できます。このデータを分析することで、経営改善に役立てられる様々な特徴や傾向を掴むことが出来るのです。例えば、各店舗でよく出るメニューが分かれば、その傾向に基づいて食材を割り振りすることで、必要な種類の食材を必要な分だけ各店舗が保管することになり、食材の廃棄、つまりは、無駄な材料コストを大幅に減らせるでしょう。

TOP