POSレジ

外国客にも対応した飲食POSレジ!導入すると得られるメリットは?

飲食POSレジ導入のメリットについて

お会計

飲食店などの店舗でPOSレジを導入する事により、様々なメリットがあります。まずは、作業効率の向上ですが、POSレジシステムの場合は、レジでの入力間違いや不正などを予防する事が出来ます。レジシステム内に全てのデータが蓄積されており、レジ操作も手入力する必要が無くなります。間違えて入力して売り上げの計算に狂いが生じるといった事も避けられます。飲食POSレジシステムのその他のメリットとしては、どのようなメニューがどのような曜日や時間帯に売り上げが多いかなどを解析する事ができる点です。レジシステム内に売り上げデータなどが蓄積されているため、どの時間帯で売り上げが多いかすぐに確認する事が出来ます。店舗経営する側にとって非常にメリットが大きいです。売り上げ集計をはじめ、予約管理、顧客管理といった管理が出来るシステムが飲食POSレジシステムとなっています。店舗の全てのデータが一括管理されており、レジ自体も簡単な操作となっている点もメリットと言えます。以上、飲食POSレジシステムを導入する事により、様々なメリットを得る事が出来ます。店舗経営をする上で、POSレジシステムの導入は、管理面で大きな効果があります。

知っておきたい飲食POSレジの導入メリット

近年、様々な業態にPOSレジが導入されています。ファストフード、レストランなどの飲食店にも導入されていますが、そのメリットを4つご紹介します。まず1つ目は、様々な会計方法に対応できます。クレジットカードもそうですが、各種電子マネー決済も急激に増えています。飲食POSレジを活用することで、新たな客層を呼び込む宣伝にも繋がります。2つ目は、在庫管理が容易にできます。多くの注文に対応する最中、飲食POSレジで在庫数量を管理する事で、効率アップが見込めます。また、システムと連動させて自動的に不足在庫を発注・手配させると、店舗運営の作業も削減できます。3つ目は、注文データを蓄積できる事です。飲食POSレジを利用すると、数年単位のデータを収集できます。活用方法は、季節ごとの商品を選定・入れ替えしたり、受注数ごとの在庫適正化、来客ごとの支払金額から新規導入メニューの選定など、様々な店舗運営に利用できます。最後に4つ目ですが、人件費の削減ができます。前述の通り、飲食POSレジを通して数量や確認の手間が省ける事から、その分の人件費用を抑えられます。また、抑えるだけではなく、業務処理が簡易なため外国人雇用など、新しい人材確保にも繋がります。簡単ではありますが、4つのメリットをご紹介しました。1つの仕組みとして導入するだけで、このようなメリットがありますので、是非一度、お考えくださればと思います。

飲食POSレジでセルフオーダーと多言語対応を!サービスの質向上!

近年、地方でも外国人観光客が増え、飲食店ではその対応に困ることは少なくはありません。特に外国人との意思疎通は英語や中国語ができたとしても難しいものです。さらに宗教上の口にできない食材も多く、飲食店のスタッフは対応の際にその回答に悩まされます。そこで、飲食POSレジを導入して外国人観光客への対応をレベルアップしてみませんか?
最近の飲食POSレジは、タブレット端末を利用すればセルフオーダーが可能です。つまり、セルフオーダー式なら外国人観光客も自由に注文ができ、注文を受けるスタッフの疎通ができるできないは関係なくなります。また、タブレット端末には様々な情報を多言語表示することができます。アレルギー食材としてどのようなものが使用されているか、宗教上で口にできない食材が使用されていないかを注文する側で確認することができます。また、飲食POSレジはこれまで対応が難しかった個々の細かい注文にも対応できます。セルフオーダーによりアレルギーで食べられない食材をオプション指定する、宗教上口にできないものを指定するといったことも可能です。使用できない食材の代わりtとなるものをあらかじめ把握すれば、メニューやサービスの質を落とさず、外国人観光客も損をしない料理を提供可能です。まずは飲食POSレジの導入を検討してみてください。

TOP